大腸がんかもしれなかった時

今までで一番恐ろしい思いをしたのは、大腸がんの疑いが持ち上がった時です。その後の精密検査で、がんではないことが分かりましたが、あの時は本当に恐かったです。

 

会社の健康診断で、異常が発見されました。すぐに大腸カメラの予約をしました。その予約をした病院は東京でも大腸の治療に定評があるところで、確か1ヶ月ほど待ったと思います。こっちとしては、その間に大腸がんが進行したらどうするんだ、と気が気ではありませんでした。

 

生まれて初めての大腸カメラは、特に痛いということはありませんでした。それより大腸の方ですが、幸いなことにまったく異常は発見されませんでした。汚い話ですが、お尻が痔になりかけていて、それで便に血が出たようです。

 

それまで健康診断をしない年もありましたが、あれ以来毎年受けるようになりました。

 

健康

健康というのはどういうことかと思って、調べてみました。健康の概念は世界保健機構が定めているみたいです。その定義によると、「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」ということみたいです。

 

つまり、私たちが普段思っている、病気や、怪我がない状態のみを健康というのではなく。精神的にも、社会的にも良好な状態がなければ、健康とは呼べないみたいです。

 

自分のカラダの健康に疑問をお持ちなら!こちらでは元気な生活のためにおすすめなローヤルゼリーを紹介。

 

現代人の問題にもなっている、うつ病、ストレス。こういった精神状態であれば、身体的に良好であっても、健康ではないのです。人間関係や仕事で日々ストレスの中で過ごす私たちには難しい課題ですが、今こそ本当の意味での健康を目指して、健やかな日々をおくろうではないですか。